まだそんなきついダイエットしてるの?

筋トレダイエットで痩せよう!

女性に比べて筋肉量が増やしやすい男性は筋トレをすることでダイエットができると言われています。まずはその原理を知っておきましょう。

筋肉が増えると痩せる?

ダイエットと聞くと食事制限をしてひたすらランニング…と言うのが以前のイメージだったと思います。しかし科学の発展や研究発表などから最近では筋トレを用いた方法がダイエットに良いと言われるようになりました。それまでのダイエット方法ではあくまでも運動中に痩せることが目的でしたが、筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がるとは、何もしなくても体が消費してくれるカロリーの量を上げると言うことです。言い換えれば痩せやすい、太りにくいと言う状態になるのでこちらのほうが失敗しにくく、楽にダイエットできる方法として世界中のスタンダードなダイエット方法となっています。
無理な食事制限を強いられないのでリバウンドにもなりにくく健康的なのも魅力の一つと言えるでしょう。

どれくらいの期間で痩せるの?

筋肉量が増えれば痩せやすいことがわかりましたが、では勢いに任せてトレーニングすれば良いのか? と言うのも少し違います。筋肉も効率の良いつけ方と言うのがあり、それを基準にしてトレーニングすることで短期間で筋肉をつけることが可能です。
たった二ヶ月でこの体! と言ったスポーツジムのCMも中にはCGじゃないの? と言われるほど変化している人もいますが、効率良くトレーニングすればそれくらいの肉体改造は可能と言えます。これは個人のブログやYouTubeなどでもその過程を確認できるので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか? 特にもともと肥満体型な人なら変化が起こりやすいようなので楽しみながらダイエットを続けられると思いますよ!

具体的なダイエットメニューはどうすればいいの?

筋トレがダイエットに効果があることがわかりましたが、ここではもう少し具体的なお話を知っておきましょう。

食事は?

まず食事量は無理ないくらい。ちょうど我慢できる程に減らしましょう。いわゆる腹八分程度が理想です。極端に少ない量に減らせば常にお腹が空いているような状態になり、いつ食欲の火山が爆発するかわかりません。そうならないように少しずつ減らしましょう。栄養的には脂肪の原因となる糖質や炭水化物などを減らし、その代わり筋肉の元となるタンパク質を摂るようにな内容に心がけてください。
そうすれば筋トレの効果も出やすいと言われています。

トレーニングは?

トレーニング方法は有酸素運動と筋肥大をメインを中心にしましょう。筋肥大とは高負荷を筋肉に与え、回復させることで筋肉を大きくする「超回復理論」を用いることで短期間で大きな筋肉を目指すことができます。
有酸素運動も20分目から脂肪が燃焼するようなので必ず20分以上続けるようにしましょう。しかしデメリットとして長時間の有酸素運動は筋肉を小さくしてしまう傾向もあります。ここのボーダーラインは難しいのですが、ボディービルダーの多くは20~40分くらいに抑えているようなので参考にしてください。

減量期と増量期って?

ある程度筋トレを進めると必ず目にするこのワード。意味はそのままですが、ダイエットを目的としているのになぜ増量するの? と不思議に思うでしょう。これは筋肉の特性的なもので、ある程度までなら筋肉をつけながら痩せることはできるようですが、筋肉量がある一定以上になると筋肉も痩せてしまう傾向があります。
そのため筋肉を増やそうと考えたときに一度必要以上に筋肉をつけ(痩せる筋肉を見越して)そこから痩せると言うことしなければいけません。その筋肉をつける時期を増量期、痩せることを減量期と言っています。増量期では痩せやすい上に筋肉もある程度つくとそこから増やすには少し脂肪をつけること、タンパク質をさらに摂ることが条件となるので食事に追われることになるでしょう。
しかも太りにくい体質になっているはずです。このときに代謝が上がったことを実感すると思います。

トレーニングのペースは?

筋トレは最低でも週2日程度で効果は実感できると思います。少しでも早く肉体改造をと考えているのであれば4~5日ペースがおすすめです。もちろん毎日でも良いのですが、さすがに疲労が蓄積するはずです。いくら趣味でも楽しくても体に負荷が掛かるので思いがけない怪我などにも繋がりやすいので注意しましょう。
有酸素運動は2日に1度くらいを目安にしてください。あまりハードなトレーニング内容にするのはやはりおすすめしません。適度な運動が健康にも良いようですよ!

まとめ

いかがでしたか? 男性は女性に比べ筋肉を増やしやすい体質でさらにトレーニングも負荷の高い種目を行うことができます。負荷が高いと必然的に効果が高いとも言えるので上手く行けばみるみる体型を変化させることができるでしょう。
まず肉体改造のポイントは、自分の体質を理解出来ているようで、実は知らないことも多いはずです。筋肉がどれだけつくのか、脂肪が落ちる速度や食事との兼ね合いでの体調の変化など。おそらくこれから自分も知らない自分の発見もすることになると思います。ですので自分は太りやすい体質だとか筋肉がつきにくい体質だと決めつけずに、どうすれば効果が得られるのかを研究するような気持ちで取り組んでみてください。
とにかく楽しむことが大切です! 最後までご覧くださいましてありがとうございました!