※注意※食事制限によるダイエット時に気おつけること

食事制限によるダイエットのデメリット

食事制限によるダイエットは、手軽にできる事がメリットですが、いくつか気をつけなくてはいけない点があります。

※健康維持を重視する※
食事制限ダイエットをする時は、急激なカロリー制限はするべきではありません。
なぜなのか、それまでは普通に食事をしていた人が、唐突に食事制限をスタートすると、カロリーの供給に支障が生じていると体が判断してしまいます。
また、ダイエットを始めたとたんに急に食事の量を減らしてしまうと摂取カロリーが急激に減るので、体は緊急事態と認識して、カロリーの消費を制限してしまいます。

以後、食事が減っても生き延びることができるように、食事から摂取するカロリーを使いすぎないようにし、体脂肪を多くしようとします。

⇒食事制限をすると、摂取したカロリーを脂肪として残そうとする機能がよく働くようになります。
その為、運動や食事制限によるダイエット効果が実感しづらくなります。

体が省エネモードになる!?

体がこのような状態になると、摂取したエネルギーを効率よく使うようになり、消費エネルギーを出来る限り少なく使うようにする省エネモードになってしまうのです。
食事制限に関する知識を持たずに、ただ漠然と食事制限をしていると、ダイエット効果が実感できない体質になってしまいがちです。

そこで!!不意に食事制限を開始して体をびっくりさせないよう、様子を見ながら徐々に食事制限を行うことが、
ダイエット成功のポイントです。

食事制限ダイエットをしているからといって、肉類や魚類などたんぱく質を摂るのを止めると
前述で述べた体が”省エネモード”へのスイッチが入りやすいといわれています。

大事な事

食事制限によるダイエットを行う場合でも、栄養の偏りが出ないようバランスのとれた献立を考えるようにしましょう。

いきなり環境を変えると体にとってもよくないですし、ダイエットもうまくいきません。
無理なく続けられそうなダイエットをすることが、健康面を考える重要なポイントになってきます。

コメントを残す